鍼灸についての効果

鍼灸は身体に専用の鍼や灸を用いた刺激を与えることで、多様な疾病への治療的な介入や健康増進を目指す医療技術で、中国医学系伝統医学で用いられる治療法の一つです。ケガからの回復過程や筋肉のコンディショニングに鍼を活用するアスリーツは多くいます。
鍼灸は今、世界保健機関からさまざまな症状に効果があると認められてい、世界中で認められた治療手法です。総合的には、鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、その結果として、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があります。
針の刺激によって分泌されるモルヒネのような役割をもったホルモンが、痛みを抑える効果があり、また痛みを脳に伝える神経をブロックする働きがあるため、痛みの緩和に有効なのです。そして、顔の筋肉をほぐして引き上げられます。お顔への施術で最も即効性があり多くのお客様に喜んでいただけるのが、頬のたるみを解消し、目元もパッチリさせ、若々しい表情を引き出すリフトアップ効果です。鍼灸は免疫力の活性化作用もあります。白血球を増やすことで、生体防御機能が高まり、身体全体の免疫機能を活性化させる働きをすると考えられています。
鍼灸は血行促進作用、生体機能調整作用によりガンや感染症にかかりにくい体質づくりにも役立つと考えられています。

 

Copyright(c) 2010-2013 鍼灸医学についての治療効果|鍼灸医学の歴史 All Rights Reserved.